新着情報

News

東俳タイムス ファミリー劇場「明日への詩」

東俳タイムス

劇団東俳の様々なことにスポットライトを当てる「東俳タイムス」!

今回の特集はファミリー劇場「明日への詩」です!

3歳からシニアまでが出演する自主公演 ファミリー劇場「明日への詩」が、11月3日より座 プロローグで本番を迎えます。
今回は、稽古真っ最中のA班・B班の出演者8名にインタビュー!
役柄や本作のみどころに関して、熱く語ってくれました!


1.台本を読んだ時の感想
温かいお話だなと思いました。ただ、少ない会話の中で関係性を見せて、役の精神性を構築し、表現しなければならない難易度の高い台本ですね。
2.役について
一言で言えば難しい役です。僕の引き出しにない役なので、挑戦しがいがあります。
3.稽古場の雰囲気はどうですか?
みんな真剣で、僕もしっかりやなくてはといつも思います。
4.稽古で苦労していることは?
とにかく、共演者が若いので少しでも同世代に見えるように頑張っています。
5.みどころは?
長男、次男、長女の物語パートそれぞれに、メッセージを込めさせて頂いています!
是非見つけて下さい!
6.お客様へひとこと
このようなご時世にお芝居を観て頂ける事は、私達役者にとってこの上ない喜びです。
ありがとうございます。


1.台本を読んだ時の感想
心にじんわりずっしり来るものが積み重なりました。私の一番大切な「家族」が、テーマ。日常が故に表現の難しさもありますが、私なりに伝えたい!と強く思いました。
2.役について
静香は、新見家の母・妻であり、芯の強さと気高さを持つ女性ですが、愛情深く、少女らしいかわいらしいところも沢山あると思います。
3.稽古場の雰囲気はどうですか?
皆で必死に食らいついていっています!!!笑。個人的には、凛奈・戒音・胡亜・葵ちゃんたち、かわいい新見チルドレンと会えるのが嬉しくてたまりません♡
4.稽古で苦労していることは?
静香という女性の人間性と繊細な心の動きと感情を、正しく伝えられるように、ちょうど良いバランスで出せるよう日々研究しています。
5.みどころは?
清川家の家族を中心に、それぞれ、様々な物語が詰まっています。目が離せない展開なのがみどころですが、各場面に推しを見つけながら?お楽しみくださいね!
6.お客様へひとこと
いつ何が起こるか分からない情勢で、人は一人では生きていけません。でも身近な人と関係を作ることも難しい。じゃあどうしたらいいのか…少しでも感じて頂けたら光栄です!


1.台本を読んだ時の感想
9年前にも清川由香里役を演じさせていただきました。台本を読んでいると当時の記憶が次々と蘇ってきて、ワクワクが止まりませんでした!
2.役について
現在22歳。高校生の役はまだまだ演れる!とは思っていましたが、今回まさかの中学生(笑)演劇部の中に違和感なく溶け込めるように頑張りたいと思います!
3.稽古場の雰囲気はどうですか?
同じ役同士や同じ場面の人と積極的に意見を交換している印象があります。いい作品にするためにみんなで切磋琢磨しています!とてもいい雰囲気だと思います。
4.稽古で苦労していることは?
演劇部のメンバーにまだ馴染めずにいます…(笑)今回初めましての方が多く、珍しく人見知りを発揮しています。本番を迎える前に早くみんなと仲良くなりたいです!
5.みどころは?
物語の核となる清川家。家族のシーンが最初と最後にあるのですが、その対比がみどころかなぁと。純平、謙吾、由香里のそれぞれのストーリーもお楽しみに!
6.お客様へひとこと
この「明日への詩」を見に来て下さったお客さまの「明日」が少しでも明るいものになりますように、そんな思いで残りの稽古頑張ります!劇場にてお待ちしています!!


1.台本を読んだ時の感想
それぞれの家族の物語。家族ゆえ解り合えない気持ち、想いがある。どうしたら前に進めるのか…改めて自分の回りに居る人を大切にしたいと思いました。
2.役について
敦子は母親としていつも一生懸命な人。それゆえに自分の思いを家族にぶつけてしまう。身勝手だけれど、彼女の中には何か想い秘めている事があるのでは…と模索しています。
3.稽古場の雰囲気はどうですか?
みんなそれぞれが役の思いを伝えようと頑張り踠いている。この山を越えればきっと目の前がスッと晴れて見えて来るはず…みんなファイトです!
4.稽古で苦労していることは?
本来の自分?とは相反する「激しい性格の敦子」をただ「強さ」だけではない裏にある面も出して行きたい。「5年前の敦子」→「今年の敦子」に変身しているところです。
5.みどころは?
観る方それぞれの家族、環境によって心に響く場面がこの作品には必ずあると思います。明日に進んで行く物語です!
6.お客様へひとこと
大変な感染対策の生活から、最近少しずつ明るい状況になって来た様に思えます。お客様にとって「大切なもの」を探しに劇場に足をお運び頂けたら幸いです。


1.台本を読んだ時の感想
初演から知っている作品なので、懐かしさと安心感のある台本ですが、今までやってきた訳ではなく、純平という大人の役に挑戦するのでとてもワクワクしています!
2.役について
長男で、医者で、婿養子で、子供が2人。何もかもが自分の中には存在しない人物なので、すごく難しいですが、感情や人間関係が面白い役です。
3.稽古場の雰囲気はどうですか?
新しいメンバーが多く、他のシーンがどうなっているのか、すごくワクワクしながら日々稽古しています。とにかく子供たちが癒しです!
4.稽古で苦労していることは?
体調管理ですかね?コロナ禍ということでいつも以上に気を付けていますし、気温差が激しく、これからは寒くなるので、負けないよう熱量もって過ごします。
5.みどころは?
家族が過ごす日常に起こる、あるようで中々有り得ない物語。個人的には、家族との時間、人間らしい感情の変化と、同窓生達との絡みです。
6.お客様へひとこと
何気ない家族の数日間を、家族ってなんだろう?明日を生きるってなんだろう?そんな事を感じながら観に来て貰えたら凄く面白いと思います!


1.台本を読んだ時の感想
それぞれの家族が問題を抱えるなか、物語が進むに連れ自分の中に抱えていた想いを吐き出し、ぶつかった後に1つにまとまっていく様子が印象的でした。
2.役について
嫉妬、孤独、悔しさ・・様々な負の感情を溜め込んで、あるとき爆発してしまう。ただの怒りではなく繊細な感情表現が必要な役柄だと思いました。
3.稽古場の雰囲気はどうですか?
出演者も多くチーム同窓会の中でも全員が揃わないこともありますが、気になるところを話し合える空気感があります。子供たちもとっても可愛くて稽古場の空気を和らげてくれています。
4.稽古で苦労していることは?
感情を相手に真っ直ぐぶつけるのではなく、自分自身の中に溜め込んで持っておく。静香を演じる上でとても大事なことなのですが、その表現が難しいと日々感じています。
5.みどころは?
静香の苦しみや純平とのやり取り、中盤で感情が爆発したあと終盤にかけて二人の関係はどうなってしまうのか。登場人物の感情の移り変わりを観ていただきたいです。
6.お客様へひとこと
全年代の出演者が一丸となって挑んだ作品です。今このご時世だからこそより強く伝えられる想いがあると思います。観終わった後に少しでも前向きに、明日が楽しみになっていただけるように精一杯演じきりたいです。宜しくお願い致します!


1.台本を読んだ時の感想
始めて台本読んだ時の率直な感想は「すごい話だな」って思いました。最初は他人事の様に読んでたんですけど、何度も繰り返し読んでいくうちに意外なところで共感できる部分が多いなって思いました!
2.役について
私の演じる清川由香里は中学生で周りから見たら生意気だなって思われる様なタイプのような気がするんですが、子供らしさもあるし不器用ではあるけど本当はすごく優しい子だなって思います!
3.稽古場の雰囲気はどうですか?
他の人のお芝居を見て吸収しようと皆熱心になってるような気がします。なので、稽古中は真剣な雰囲気が流れてます!
4.稽古で苦労していることは?
相手を説得するシーンに苦労しています…普段から大切な事程相手に伝えるのは難しいと思うんですけど、それを由香里として相手に刺さるように伝えるって難しくて苦戦しています。
5.みどころは?
全部です!!
6.お客様へひとこと
正しいかはわかりませんが、私は具体的なメッセージがあってそれを受け取って欲しい!とは思ってなくて、お客様それぞれの経験から感じ方も無限にあると思います。私は由香里として最後まで、生き抜きます。
是非、それぞれの受け取り方で楽しんで欲しいです!


1.台本を読んだ時の感想
「明日への詩」は5年前に演劇部の顧問役で出てたので今回は家族の一員としての解釈をどうしようと考えました。
2.役について
清川家の母「敦子」は子供の頃から頑張り屋で挫折を知らず、『自分は正しい』を貫き通す人間であり続け、それが家族をどうしているのか?・・・をやり通すことに集中しました。
3.稽古場の雰囲気はどうですか?
ファミリー劇場なので、子供から年配までいる中での明るい雰囲気。そして、稽古中の緊張感。とてもいい雰囲気と思っています。
4.稽古で苦労していることは?
母 敦子は子供への期待、こうなって欲しい、こうなるべきが極端に強くヒートアップしてゆく性格なので自分が熱くなると台詞まで飛んでしまう苦労があります。
6.お客様へひとこと
まず、楽しんで頂きたいです。どんな家族にもあるかもしれない日常、そして抱える問題、でも「明日は必ず来る!」見終わったあとには希望を持って帰って頂けたら幸いです。


ファミリー劇場「明日への詩」
【日程】
A班 5ステージ
2022年11月3日(木祝) 17:30~
5日(土) 13:30~/17:30~
6日(日) 13:30~/17:30~

B班 5ステージ
2022年11月11日(金) 17:30~
12日(土) 13:30~/17:30~
13日(日) 13:30~/17:30~

【会場】
座 プロローグ
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-37-1


SHARE

Twitter

facebook

LINE