東俳タイムス第1回「新川優愛」

劇団東俳の様々な事にスポットライトを当てて特集していく「東俳タイムス」がスタートします。

 

記念すべき第1回はTプロジェクトの「新川優愛」を特集します!

新川優愛 しんかわゆあ

https://g-tohai.co.jp/shinkawa_yua/

 プロフィール

1993年12月28日生まれ。小学6年生で劇団東俳に所属。
2011年にミスセブンティーン2011に選ばれ、『Seventeen』(集英社)の専属モデルを経て、2015年から『non-no』(集英社)の専属モデルを務める。フジテレビ系『明日の約束』、読売テレビ・日本テレビ系 『脳にスマホが埋められた!』、映画『めがみさま』『アオハライド』『全員、片想い』などに出演。2017年3月まで「王様のブランチ」MCを務めるなど、多岐にわたり活躍。2018年3月には写真集『Atlas』が発売。

 


 出演実績 

今まで様々な作品に参加させていただきました。ドラマ・映画・舞台・CM・モデル・・・などなど、

こうやって見ると、本当に幅広くチャレンジさせていただいてます。

 


 現場密着

タレントにとって、とても大切な宣材写真。その撮影現場にお邪魔しました。

爽やかな白い衣装と黒のカッコイイ衣装、それぞれ表情や立ち方・雰囲気を変えているのが分かりますね。

 

続いては、映画の撮影現場。

多くのスタッフさんに支えながら、現場が進行します。

撮影時期は冬でかなり寒かったのですが、笑顔で乗り切っていました!


 レッスン

中学生~青年部を対象に、ポージングレッスンの講師を行いました。基本的な立ち方や・ボーズのバリエーション、実際に撮影した写真を見ての修正点など、有意義であっという間の2時間でした。


 自主公演

2014年の劇団東俳50周年記念公演にも参加した「法廷の銃声」。

4年経った2018年は、若手弁護士エレン・ヘイス役で出演しました。2幕の裁判のシーンは本当に圧巻でした。


 優愛に質問してみました

 

ー東俳に入ったきっかけは? また、入団当時のことを教えて下さい。
最初は、ただ漠然と「有名になりたい」という思いで入団しました。出たがりなんですが、いざ人前にでると緊張してしまうタイプなので。慣れないうちは発表の順番が回ってくると、とても緊張したのを覚えていますが、うまくなりたいという思いでレッスンを受けました。

 

ー東俳では、どんなことを学んでいますか(学びましたか)?
引っ込み思案だった私に、前に出る大切さ・人に物事を伝える楽しさを教えてくれました。その結果、お仕事のオーディションに落ちても、「諦めない!次へ!」という気持ちを保つことができ、自分にしかないキラキラした部分も発見することができました。また、一つ一つのお仕事に携わっている方々と力を合わせていく協調性も学びました。みなさんと気持ちよくお仕事ができるよういつも笑顔を心がけています。


 

次回の第2回は「村山輝星」「すだちボーイズ」の特集です。

お楽しみに!